おめでとうございます。

古今東西おめでたい出来事をかたっぱしからお祝いします

オリンピックを「風俗」と勘違いしてるおめでたいひとたち

 オリンピック選手がインタビューでよく口にしますよね。国民の皆さんを感動させたい。喜んでもらいたいって。何をおめでたいこと言ってるんでしょうか……

 プロスポーツの世界でこのようなコメントが飛び出すのは百歩譲ってスルーしますが、オリンピックって実態はともかく「アマチュアリズム」の祭典ですよね。素人系スポーツという偉大なジャンルの頂点なのだから、プロみたいな不自然なリアクションや、つまらないサービス精神なんて要らねえのですよ。したがって、選手が国民に媚を売るような寒いコメントをする必要もないわけです。プロスポーツの劣化版など誰が見たいのか。オリンピック憲章の根本原則が「生き方の哲学」を謳ってるように、我々が見たいのは、選手たちがただひたすら、頑なまでに(我々ではなく)競技へ向き合ってる生き様なのですから。

 

 したがって、選手が求めるのは感動じゃなくて「結果のみ」でいいのですよ。そこには「オリンピック費用に税金が使われてるから結果で答える」というわかりやすい構図があるわけじゃないですか。みんな(強制的ではありますが)お金を出している以上、何かしら見返りがほしいわけですよね。だってニュース番組が伝えるのは主に選手の順位なんだし、極端な場合、1位2位3位がどこかのわけの分からん外国人選手だったら日本選手の順位しか報道しないですよね。そして順位がダメだったときの保険として、一生懸命さとか、ひたむきさを称えることで「プラマイ0」みたいな、落としどころで今までやって来たわけじゃないですか……
 いや、それって結局「感動」でしょって言われたらそうなんですけど、それをわざわざ口にするのは無粋だよねって話。それなのに、近年のマスコミは狂ったように感動を煽ってきて辟易します。クソみたいなJ-POP垂れ流して、どんだけおめでたい連中なんだよ。毎月、年賀状送りつけてやろうか。

f:id:umebosiboom:20170820164632p:plain

 もっとおめでたいのはそんなマスコミに洗脳されちゃってる連中ですよね。選手の場合は仕方ない側面もあります。そりゃあ、青春のすべてをその競技に捧げて来たわけですから、マスコミがまき散らす感動菌に耐性がないのは仕方ありません。しかしながら私の女友達ですよ。「ハンカチ片手にマラソン見る」って子がいるんですが、彼女は「今日は泣くぞ」ってマラソンを見るそうですよ。いや、別にいいよ。マラソンを見る目的なんて人それぞれいい。問題なのは、そんなことを他人に言う神経なんです。

 

 私に言わせれば感動目的でスポーツ見るなんてセフレと同じなんですよ。

 

 彼女の台詞を「コンドーム片手に男と会う」「今日はやるぞ」へ置き換えたらわかりやすいですよね。そんな明け透けな女の子、イヤじゃないすか。素敵な夜を!なんて送り出してる場合じゃないですよ。実際は「そんなことひとに言わない方がいい」って優しく教えてあげたんですけどね。絵に描いたようにキョトンとしてましたよ。
 私はそういう割り切った関係を否定してるんじゃなくて、それぞれの楽しみ方があるでしょって言いたいわけです。プロスポーツが風俗ならオリンピックは恋愛なんですよ。それぞれの良さを尊重しようじゃないですか。それなのに、そこをごちゃごちゃにしてるおめでたいやつらの多いこと、多いこと。東京オリンピックが中止になるくらいおめでたいです。いやあ、本当におめでとう!

牛乳石鹸の炎上ウェブCM見て「もう買わない!」とか言ってるおめでたいひとたち

 牛乳石鹸のウェブCMの件。

 

 実は子どもが死んでるとか、家庭崩壊してるとか、珍説が飛び交うたいへんおめでたい事態になっております。皆さん楽しそうで何よりですね。ただ、ひとつだけ気になることがあります。

  それは「もう牛乳石鹸を買わない!」とか息巻いちゃってるひとたちです。

 

 もう買わないってことは今まで買ってたのでしょうけど、石鹸って肌に合うとか、匂いとか、コストとかもっと重要なファクターがあるでしょうに、「ウェブCMが気に食わない」なんて、つまらない理由で買えなくなっちゃうなんて、人生をハードモードに設定してるんでしょうか。

 影響されやすいひとっていますよね。

 たとえば私の知人にイギリスの古いロックバンド「The Who」が好きなやつがいたのですが、たまたま顔を合わせたチャラいやつ(そいつの嫌いなタイプ)が「ボクも聞いてますよ~」ってヘラヘラしながら近づいてきたとたん黙り込んじゃって、あとで「あんなやつが聞いてるなら、俺はやめようかな……」なんて嘆いてんの。

 いや、いや、君も大概、おめでたいなと。その程度でやめるなら、それほど好きじゃなかったんじゃねえのって言ってやったんですけどね。(結局、そいつ、やめませんでしたが……)

 石鹸だっていっしょですよ。誰が何と言おうと関係ないじゃないですか。それなのに、ウェブCMなんかにまんまと影響されちゃって「もう買わない」なんて、実におめでたいひとたちだ。獅子舞の格好をして商店街を練り歩きたいくらいおめでたいです。

 ちなみにウチは最初から泡になってるやつ使ってますけどね(石鹸ですらない)

pokonan.hatenablog.com

 しかも炎上したきっかけがこちらのブログなのですが、なんか、表面上の灰汁をすくって不味い、不味いって言ってるような内容で、深い部分を何ひとつ汲み取ろうとしていません。この方、物事を深く考えたら電気ショックをくらう輪っかでも頭にはめてるんでしょうか。そりゃあ、意味不明でしょうね。脳みそ使ってないんだもん。

 つまり、まんまと怒り狂ってる野次馬連中は(もしかして同じ輪っかをはめてる?)、全員、電通さんにすら踊らされてないってことですよ。こんなにおめでたいひとたちは久しぶりに見ました。今すぐカーニバルの衣装を着て、腰が引きちぎれるまで踊り明かしたいです。いやあ、本当におめでとう!

小池一夫「鱧のおすまし」炎上ツイートの謝罪を絶賛するおめでたいひとたち

  漫画原作者小池一夫さんの炎上ツイートの件。

 前半では「若者は食費にお金かけろ」と言ってるのに、後半では「節約しろ」と言っていて文法がおかしいというツッコミが多く見られましたが「食費=高級料理」と考えるとつじつまが合います。

 

 つまり、この先生は「お金がないから高級料理が食べられないなんてのは言い訳」と仰りたかったのであり「高級料理でも工夫すれば数百円で食べられるよ」と続くわけです。誤解しやすい表現だったのは確かですが、文法的には間違ってません。したがって「吸い物に数百円も高い」なんてツッコミも少しズレてることになります。なぜならこの先生は相対的に安くなるという「落差の話」をしているからです。

 ただ、そうなってくると皆さん気づくはず。あれ、だったらこの話って若者、関係なくね?と。 そう、この話に若者はまったく関係ありません。お金がなくて高級料理が食べられないのは若者に限った話じゃないからです。したがって、この先生は炎上後、謝罪ツイートで「今の若者の現状が頭では分かっていても、肌の感覚では分かっていなかった」と述べていますが、見事にズレまくっていますよね。そもそも関係ないのだから、分かってるとか分かってないとかいう話じゃないんです。

  本当に反省すべきは、若者にはまったく関係ない話を「若者への叱咤激励」風のネタにしちゃって、案の定、ズルズルに滑っちゃったことなのであり、先生の“若者理解レベル”がいくつだろうが知ったこっちゃねえのですよ。それなのに、「素直に謝罪した」「逆に好感が持てる」とか言って、見直されちゃってる始末。おめでたい。実におめでたい世界です。

 

 しかも「肌の感覚で分かってなかった」って極端なこと言い出すのは「そこまでしてくれなくても……」という相手の譲歩を引き出す典型的な謝罪テクニックなんだよなあ。自覚してるのかどうか知らんけど。だってよく考えてみて下さい。そもそも、炎上してるのにも関わらず「頭では分かってる」と思い込んでる時点でやべえっすよ。そして周りの誰もそこに気づかないのだから凄い。鏡餅を飾って祝いたいレベルでおめでたい世界です。

  もう、おわかりだと思いますが先生はこのツイートにおいても、あいかわらず「落差の話」しかしてないのですよ。

  つまり、そもそも「頭で分かっているなら炎上しなかった案件」を、「肌の感覚で分かっていなかったから炎上した案件」と極端な話にすり替え、存在しなかったはずの落差を捏造することによって「頭では分かっていた」状態をいかにも至らない状態であるかのように読み手を錯覚させ、本来なら虚偽であるはずの「頭では分かっていた」という主張をさりげなく認めさせると共に、謙虚に謝っているように見せかけるという詭弁テクニックを、おそらく無意識でやってのけてるわけ。これ、流石としか言いようがありません。

  そんな先生を含め、「潔い老人だ」と絶賛してる連中を含め、すべての人間が、誰もこの構図に気づいてないという、実におめでたい世界だ。赤飯を炊いて祝いたいくらいです。 いやあ、本当におめでとう!